[KS13N] アドビの提案するオーサリング環境とコンテンツ管理(CCMS)

発表の趣旨

様々な情報のオンライン化(デジタル化)が進む中で、従来「テクニカルコンテンツ」と呼ばれてきた技術系コンテンツの、ビジネス全体の中での位置づけが変化しています。製品、サービス等の内容を提供する重要なコンテンツという位置づけに加え、ビジネス全体のサイクルの中で、他の情報との統一性、整合性、住み分け、ユーザビリティが重要課題となっています。
一方で、情報更新のスピード化が進む中で、これまで以上にコンプライアンス、信頼性への要求が高まり、様々な情報を横断するリスク管理が求められます。
これらの課題に対して、「効率的なコンテンツ管理」と「使いやすいオーサリング環境」という視点からアドビの提供するソリューションを紹介します。

発表者

アドビ株式会社 仁村 一利