[KS01] FrameMaker の新機能 ~新機能導入の背景と実務での使いこなし〜

セッションの概要

先ごろ Adobe FrameMaker の新リリースが発表されました。

新規機能、改良点が多数ありますが、「どのように使うのが効果的か、実務でのイメージがわかない」というご意見をいただきます。

そこで今回は、それらの機能がどのような背景で導入され、どのような場面で活用できるかを、実務に即して説明させていただきます。

マルチデバイスパブリッシング、複数スタイルの使い分け、XML への移行、CCMSの活用など、作業効率、トレーニングのハードル、動作の安定性、コストの問題など様々な理由によりをこれまで手をつけていなかった事を、再検討するため参考となる内容を予定しております。

発表者

仁村 一利
アドビ(株)

当日の配布資料

参考資料

アンケート

●TCシンポジウム On the Web全体に関するアンケート
*全体アンケートに一度でも回答された方は2回目以降の入力は不要です。

全体に関するアンケートのQRコードは下記です。

●KS01セッションに関するアンケート

KS01に関するアンケートのQRコードは下記です。