TC協会創設30周年シンポジウム2022 On the Web

TC協会創設30周年記念イベントとして、夏季は「コミュニケーションデザインシンポジウム2022」の名称で2022年8月24日~8月26日にオンラインライブ配信、秋季は「テクニカルコミュニケーションシンポジウム2022」の名称で2022年10月5~10月7日に3日間開催します。

開催概要やプログラムの詳細、及び申込方法については、順次本Webサイトにてお知らせします。

コミュニケーションデザイン シンポジウム2022

基調講演

2022年8月開催コミュニケーションデザインシンポジウムの基調講演では、サッカーJリーグの元プロフェッショナルレフェリー村上伸次氏をお迎えして、選手たちとの絶大な信頼を築いてきたコミュニケーションデザインについて語っていただきます。

なぜサッカーのプロレフェリーに語っていただくのか。長年トリセツの制作に携わってきた皆さんには、少し疑問があるかもしれません。しかし、その疑問は、この基調講演を聴いていただくとすぐに解消されるはずです。それだけでなく、私たちテクニカルコミュニケーターがトリセツを通じて顧客と向き合う姿勢や、顧客から見たトリセツの立ち位置が、プロレフェリーの選手たちに向き合う姿勢や、選手から見たレフェリーの立ち位置に、多くの共通点を感じることと思います。

これからの時代、トリセツは一方的に製品情報を伝える媒体ではなく、顧客の人となりや環境、状況に応じてさまざまな形で、最適な伝え方をしていく必要があります。それは、ちょうどルールを一方的に押し付けるわけではなく、選手たちとまっすぐ向き合って、競技規則をベースに臨機応変にコミュニケーションを築いているプロレフェリーの姿勢の中に、そのヒントが隠されていると考えています。プロレフェリーの中でも、引退試合で選手たちに花道を作られ、胴上げまでされたプロレフェリーは、世界でも村上氏以外は例がありません。Jリーグ歴代2位の試合数を重ね、日々選手たちを最高のパフォーマンスに導いてきた村上氏による、尊敬と愛の溢れる基調講演、ぜひご期待ください。

【全国区実行委員会議長 石川秀明】[2022年6月8日公開]

SHIZUOKA, JAPAN – NOVEMBER 06: Referee Nobutsugu Murakami talks with VAR official during the J.League Meiji Yasuda J1 35th Sec. match between Shimizu S-Pulse and Consadole Sapporo at IAI Stadium Nihondaira on November 6, 2021 in Shizuoka, Japan. (Photo by J.LEAGUE/J.LEAGUE via Getty Images)

開催概要

開催日

2022年8月24日(水)~26日(金)

テーマ

受け⼿に寄り添い、伝わるコミュニケーションデザインとは?

実施方法

オンライン開催

テクニカルコミュニケーション シンポジウム2022

開催日

2022年10月5日(水)~7日(金)

テーマ

受け手に寄り添うTCの進化・深化、真価

実施方法

対面開催(一部オンライン開催)